馬連と馬単、三連複と三連単を比べると…

ALO~HA! 先日、メルマガを購読されている方から「馬連と馬単ではどちらが良いか?」という質問をいただきました。同じような疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今日は馬連と馬単、三連複と三連単の回収率を比較してみます。

まず馬連と馬単の回収率ですが、2005年1月~2010年6月の16,820レースで◎~△の4頭ボックスを購入した場合、違いは0.5%しかありません。そこで返信には「馬単を買うだけの資金があるなら、馬連+三連複の購入をオススメします」と書きました。レースごとに若干の違いはありますが、平均すると馬連は馬単の約1.5倍の売上がありますので、投票集中によるオッズ低下の心配も少なくなります。

一方、三連複と三連単の回収率ですが、4頭ボックス均等買いでは三連複が123.7%なのに対して、三連単は138.4%と約15%も高くなっています。ただ、三連複の成績には三連単の発売がなかったレースも含まれていますので、これだけで単純に三連単のほうが良いとは判断できません。そこで三連単が発売されていたレースだけを対象に再集計したところ、三連複の回収率は134.9%となりました。つまり、三連複と三連単も回収率に大きな違いはないというわけです。

以上の理由から、馬単や三連単は点数が多くなるだけで、そのリスクに見合うだけのメリットはないと言えますが、実は隠れた長所がひとつあります。それはより多くの資金が必要なため、メルマガを購読されている方の中で馬単や三連単を購入する方は少数派だということです。これまでは回収率にほとんど違いは見られませんでしたが、もしかすると今後は馬単、三連単のほうが有利になるかもしれません。

それでは、また。MAHALO!

※次回の更新は8月6日(金)22時の予定です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑応援クリックをよろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ビル・ゲッツ

Author:ビル・ゲッツ
「軸馬評価理論-ORIGIN」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
購入パターンについて
【軸馬評価理論-ORIGIN】の成績等を集計する際に使用している基準購入パターンは以下のとおりです。なお、印は回収率重視の評価(左側の印)が基準となります。

【馬連】
◎○、◎▲、◎△、◎×、◎☆、○▲、○△、○×、○☆、▲△
以上10点のうち、期待値ランクが「B以上+B以上」の組み合わせ

【三連複】
◎○▲△×の5頭BOX+◎○☆、◎▲☆、◎△☆、○▲☆、○△☆
以上15点のうち、期待値ランクが「B以上+B以上+C以上」の組み合わせ
先週までの成績
【軸馬評価理論-ORIGIN】
17/01/05~17/10/15

【馬連】
的中数:512R/2,236R
投票額:1,065,000円
配当額:1,154,170円
的中率:22.9%
回収率:108.4%

【三連複】
的中数:361R/2,188R
投票額:1,851,800円
配当額:2,124,340円
的中率:16.5%
回収率:114.7%

【馬連+三連複】
回収率:112.4%
収 支:+361,710円


【超・軸馬評価理論】
14/07/05~17/10/15

【馬連】
的中数:3,189R/10,002R
投票額:6,744,300円
配当額:6,788,320円
的中率:31.9%
回収率:100.7%

【三連複】
的中数:1,483R/10,002R
投票額:6,859,600円
配当額:6,610,730円
的中率:14.8%
回収率:96.4%

【馬連+三連複】
回収率:98.5%
収 支:-204,850円


【真・軸馬評価理論】
10/07/03~14/06/29

【馬連】
的中数:3,437R/12,258R
投票額:7,122,200円
配当額:7,028,920円
的中率:28.0%
回収率:98.7%

【三連複】
的中数:1,366R/12,258R
投票額:5,317,900円
配当額:5,483,310円
的中率:11.1%
回収率:103.1%

【馬連+三連複】
回収率:100.6%
収 支:+72,130円
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
メルマガのご案内
新馬戦・障害戦を除く全レースの推奨馬リストをレース前夜にお届けします。

購読する!
↑【軸馬評価理論-ORIGIN】

購読する!
↑【超・軸馬評価理論】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク